ほっと青汁の原材料〜その2〜

ほっと青汁の原材料〜その2〜

【銀杏葉】
大麦若葉、松若葉と一緒にリニューアル前からほっと青汁に使用されている原材料が銀杏葉です。銀杏葉とはイチョウの木の葉っぱです。銀杏葉は中国では昔から呼吸困難を和らげたり、記憶力を回復する効果があるとして薬剤として使用されてきました。銀杏葉をギュッと絞りだして摂れるエキスには13種類のフラボノイドとギンコライドが含まれています。フラボノイドとギンコライドには体内の酸化を防ぐ抗酸化作用と、血液をサラサラにする作用があります。そのため、動脈硬化やコレステロール値の安定に役立ってくれます。他にもアレルギー症状の改善や抗がん作用などの効果もあります。健康を守ってくれる優れた原材料ですね。

 

【ボタンボウフウ】
屋久島で栽培されているボタンボウフウ。沖縄では長命草とも呼ばれ、炒めものやおひたしとして食されています。ビタミン、ミネラルが豊富な植物で、抗酸化作用や血液をサラサラにする効果を持っています。長寿の国沖縄を裏付ける食材の一つです。ボタンボウフウは、美肌効果も期待できる食材なので、アンチエイジングにも効果があるとも言えます。健康と美容のW効果が得られます。全国栽培されていないボタンボウフウの入った青汁はなかなかの希少価値がありますね。